FC2ブログ

風は吹いている 

 今秋の競馬は1番人気が強い。紫苑Sからオールカマーまで1番人気が8連勝は新記録らしい。8レースの単勝平均配当は2倍。春の主役は秋も譲らないということか。さて、今週はスプリンターズSと凱旋門賞の豪華2本立で、今日土曜日には、3歳ダートの王者キョウエイギアが古馬に初挑戦するシリウスSにも注目だ。
 中でもやはり凱旋門賞。今年からネットで買える海外競馬の第1号となった。日本ダービー馬マカヒキが前哨戦のニエル賞を上手に勝って期待大だ。金子オーナーは、ディープインパクトの雪辱に燃えているだろう。JRA騎手となったルメールもシャンティイーを知っていて頼もしい。今年の凱旋門賞は、仏8、愛4、英2、独1、日1の16頭が参戦する。斤量の軽い3歳馬は6頭。有力視されていた仏ダービー馬で愛チャンピオンSの覇者アルマンゾルと8連勝の2冠牝馬ラクレソニエールが辞退した。風は確かにマカヒキに吹いている。
 有力馬は、重賞6連勝中の英ポストポンドと超堅実な愛牝馬ファウンド、前走不可解な負け方をしたが、英愛ダービーを勝っているハーザンド、ヴェルメイユ賞を勝った昇り馬のレフトハンド、そしてマカヒキ。初馬券は、この5頭の3連複BOX10点とポストポンド&マカヒキ2頭軸マルチの3連単18点。正直伏兵は分らないので、実績から選んでみた。マカヒキは、ポストポンドをマークして最後に瞬発力を生かせるかが注目だ。スプリンターズSも順当にビッグアーサーが中心。思い切って3歳のシュウジとの2頭軸3連複。相手6,7,8,11,12,13,15,16の8頭、8点で。昼も夜も楽しみだね。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dtclubstory.blog92.fc2.com/tb.php/973-bc38fe43