FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016新種牡馬その1 

 6月から始まった2歳戦。新種牡馬が好調だ。今年の新種牡馬で注目されるのは、ディープインパクトの息子とキングカメハメハの息子である。いよいよ現代をリードする2頭の産駒たちが種牡馬としてデビューすることになったのだ。
 ところで、世界に目を向けると、史上最強馬と言われた14戦不敗でGⅠ10勝馬のフランケルも今年種牡馬デビューしており、早くもアスコツトの2歳重賞を勝つ馬が現れている。世界注目のフランケルだが、日本でも去る7月31日の札幌新馬戦1800mに登場した藤沢和雄きゅう舎のフランケル産駒ソウルスターリングが初勝利を挙げている。このレースただ1頭の牝馬だったが、出入りの激しい展開の中、中団で折り合い、先に抜け出したアドマイヤマンバイをゴール直前首差とらえた。ルメールの落ち着いた騎乗もあったが、ちょっと、とらえるのは無理かと思われた中、しっかり結果を出したのは非凡な才能と感じさせた。3着馬とは5馬身差あり、アドマイヤマンバイも走る馬だ。ソウルスターリングの母スタセリタは、モンズーンの仔で、仏・米で10勝。内GⅠ6勝という活躍馬であり、彼女の今後の走りに注目だ。次回は、国内デビュー種牡馬を見ていきます。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dtclubstory.blog92.fc2.com/tb.php/961-3a4df305

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。