FC2ブログ

名牝誕生 

 NHKマイルCは、荒れると思ったが、1,2番人気が1,2着。終ってみれば5着まで重賞勝ち馬だった。私が推したハクサンルドルフは6着。よく走った。一度死にかけた馬だが、今後は大きなところも狙えそうだ。以前は東京マイルの逃げ切りは難しかったが、ここ5年で3頭目の逃げ切り。マイル戦もスローが多くなったということか。確かにカレンブラックヒルは前半35秒1のスローで1分34秒5。ミッキーアイルも、34秒6の後半34秒8の平均ペースで1分33秒2。これに比べてメジャーエンブレムは前半34秒3で入り、1000m57秒7で飛ばし、1分32秒8。ハイペースの逃げを持続するスピードを供えていた。同じ日の1600万下の特別のタイムが1分34秒7であることから、メジャーの実力がわかる。またまた名牝の誕生である。タイプとしては、ダイワスカーレットを彷彿とさせる。母系からも距離は2400mでも大丈夫だろう。やはり今年の3歳トップクラスはレベルが高いということか。
 日本ではGⅠレースが佳境だが、今年は海外へ遠征する馬の話題も多く、モーリスが香港でチャンピオンズマイルに完勝。これで日本と香港の2大マイル戦を完全制覇したことになる。今後距離を伸ばすのかが注目だ。一方、ケンタッキーダービーに挑戦したラニは、9着。多頭数のレースを出遅れてしまっては、とても裁くのは無理。しかし、レース慣れして、小頭数なら掲示板もありかな?プリークネスSとベルモントSに出れば米三冠レースに日本馬が初めて完走となるのだが、どうかな?ヨーロッパには、エイシンヒカリが遠征しており、目が離せない。もう世界中に日本馬が出走する時代になってしまった。秋には海外馬券も売られるだろうし、ほんと、うれしい忙しさといったところかな。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dtclubstory.blog92.fc2.com/tb.php/945-08dc1d72