FC2ブログ

2018香港国際競走 HKIR  

今回で6度目。
今年も香港国際競走(HKIR)に取材・撮影に行ってきました。

12月9日(日曜日)に香港のシャンティン競馬場で行われる国際レース。
4つのGⅠレースに今年は日本馬9頭が参戦しました。

9日当日、天気予報では雨模様でしたが、なんとか雨は降らずに曇り空。

DSC_9493.jpg
香港でのターフィーくん的なキャラクター?

DSC_9510.jpg
DSC_9520.jpg
ジョッキーたちも続々と競馬場へ

競馬場ではいろいろなイベントも行われ、多くの観客で賑わう中、1Rがスタートしました。
1RはG1レースではありませんが、日本の岩田騎手が参戦。
単勝20倍以上の岩田騎手騎乗のスマートシャレードがゴール前、強襲、差し切り勝ち。
思わず岩田騎手もガッツポーズ!
日本勢に幸先のいいスタートとなった。

DSC_9539.jpg
本馬場入場する岩田騎手

DSC_9563.jpg
DSC_9574.jpg
DSC_9704.jpg

国際競争のスタートまでまだ時間あるのでしばし香港競馬の祭典の雰囲気を満喫

DSC_9778.jpg
カメラマンの岡田先輩

DSC_9973.jpg
優雅な方々

DSC_9904.jpg
日本のファンの方も大人気

DSC_9889.jpg
日本馬の勝利を願って

0011.jpg
beautiful!!

【4R 香港ヴァーズ LONGINES Hong Kong Vase  2400m 芝】
日本からはリスグランシューとクロコスミアの2頭が参戦。
岩田騎手騎乗のクロコスミアがスタートを決め先頭に。
逃げるクロコスミア4コーナーあたりで手ごたえがあやしくなる。
大外からリスグランシューがまくり、最後の直線はエグザクタントとの一騎打ちムード。
一度はエグザルタントをとらえるものの、最後に差し返され、惜しくも2着。
逃げたクロソクミアは10着に終わった。

101.jpg
108.jpg
本馬場入りするクロコクミアとリスグランシュー

102.jpg
2頭のたたき合い

104.jpg
内でもうひと伸びするエグザルタント

105.jpg
声援に応えるZ.パートン騎手


【5R 香港スプリント LONGINES Hong Kong Sprint 1200m 芝】
続いて国際競走2戦目は電撃のスプリント戦。
日本からは川田騎手騎乗のファインニードルが参戦。
勝ったのは昨年のこのレースの覇者、ミスタースタニングがロードカナロア以来の連覇を成し遂げた。
ファンニードルはスピードにのれず、8着でゴール。

ファインニードル1
ファインニードル2
ファインニードルと川田騎手

ミスタースタニング
抜け出したミスタースタニング

025.jpg
ガッツポーズのティータン騎手

027.jpg
歓喜のティータン騎手

028.jpg
馬上でタッチをかわすクリッパートン騎手(左)とティータン騎手(右)


【7R 香港マイル  LONGINE Hong Kong Mile 1600m 芝】
国際競走3戦目はマイル戦。
日本からは、ヴィブロス、ペルシアンナイト、モズアスコットの3頭が参戦。
圧倒的な一番人気は昨年のこのレースの覇者ビューティージェネレーション。
レース序盤からビューティージェネレーションが徐々に先頭を取り、そのまま他馬に並ばれることもなく、最後には3馬身差をあけゴール。
圧倒的な強さを見せつけられたレースだった。
ヴィブロスは健闘するも2着、ペルシアンナイトは5着、モズアスコットは7着の結果に終わった。

036.jpg
パドックでも落ち着いた感じのビューティージェネレーション

038.jpg
ペルシアンナイトとM.デムーロ騎手

039.jpg
041.jpg
モズアスコットとC.ルメール騎手

042.jpg
043.jpg
ヴィブロスとW.ビュイック騎手

045.jpg
圧倒的な強さ

046.jpg
余裕を持ってのゴール

052.jpg
堂々と王者の貫録


【8R 香港カップ LONGINES Hong Kong Cup 2000m 芝】
国際競走最終戦は香港カップ。
国際競走のメインレース。
このレースにはサングレーザー、ディアドラ、ステファノスの3頭が参戦。
ここまで日本勢の勝ち星がないのでこの2頭に期待が高まる。
ゲートが開くと1番枠のゴレリアスフォーエバーが先頭へ。
ペースは遅めでたんたんとした流れ。
直線に入って3頭が追い上げるが、先頭を逃げるグロリアスフォーエバーの脚は止まらず、そのままゴール。
ディアドラは惜しくも2着。
サングレーザーは4着、ステファノスは9着という結果に終わった。

057.jpg
サングレーザーとJ.モレイラ騎手

058.jpg
ステファノスとW.ビュイック騎手

060.jpg
ディアドラとC.ルメール騎手

062.jpg
そろったスタート

064.jpg
粘るグロリアスフォーエバー

066.jpg
香港カップを制したグロリアスフォーエバー

070.jpg
ファンの声援に応えるS.デンウサ騎手


国際競走全4レースを終え、結果香港勢の勝利に終わった。
日本馬も健闘し、その中でも牝馬3頭が2着に入るという今後につながる結果も出した。
アーモンドアイも含め、来年は牝馬の活躍に期待が膨らむ。

最後に、この取材にあたり、たくさんのご協力をいただいた、HKJCのスタッフの皆さん、カメラマンの皆さんにお礼申し上げます。
ありがとうございました。

Thank you !
See you next year.

ptographer Toru Arita










Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dtclubstory.blog92.fc2.com/tb.php/1018-273691f9