FC2ブログ

西暦末尾4の名馬 

 マイルCSの2頭軸は、2,4着に終った。混戦の時の2頭軸は危ないということだ。フィエロ1頭軸の3連複なら25,000円。まぁ、結果論に過ぎないが、教訓として記憶しておきたい。高倉健さんが亡くなった。健さんの映画は若い時からよく見た。最後の映画スターだった。三船敏郎、石原裕次郎、中村錦之介、勝新太郎。皆独立プロを作って派手に暴れていた。しかし、高倉健は、異質のスターだった。これほど寡黙で背中で表現した役者はまれだ。余談だが、マイルCSで、私は健さんの83歳の生涯に引っ掛けて、地味にワイドの3-8を付け加えた。何と、2,3着のワイドが当たった。配当1,990円。健さんありがとう!ケントク買いはあまりやらないのだが、時にはこんなこともある。これで流れが変わってくれたらなぁ。さて、日本最高レースのジャパンカップである。一昔前なら、愛ダービー馬、カナダ年度代表馬、ドイツ最強馬が来日と話題になるのだが、今やサンデーサイレンス系が世界を一変させてしまった。さらに今年の日本馬は凄すぎる。世界レイティングNO1のジャスタウェイを筆頭に、JC連覇馬、春秋の天皇賞馬、昨年の菊花賞馬、今年の桜、皐月、ダービー馬の豪華版だ。過去最高の日本メンバーと言えるだろう。歴史的にもここを勝つ意味は大きい。ところで、歴史的と言えば、西暦末尾に4がつく年の3歳馬は名馬揃いなのだ。1954年は、ダイナナホウシュウ。1964年はシンザン。1974年はキタノカチドキ。1984年はシンボリルドルフ。1994年はナリタブライアン。2004年はキングカメハメハ。すべて2冠以上の超名馬揃いなのだ。今年の3歳は、どうか?強力5歳勢のジャスタウェイやジェンティルドンナを負かせる馬はいるのか?私はハープスターに期待する。このメンバーで後方一気は無理だが、陣営は今までより前目につけるとコメントしている。ニューハープスターが見られるか?馬券は、ハープスターから馬単でジャスタとジェンティルへ。少し裏も押さえておいて、後は3連単のフォーメーション。頭ハープで、2着に1と3。3着に1,2,3、8,9,10,15,16とします。西暦末尾4の伝説は続くのか?