FC2ブログ

2013新種牡馬その2 

 前回紹介したヨハネスブルグが先週ついにディープインパクトを抜いて2歳リーディングの首位に立った。差はわずかだが久し振りの大物外国産種牡馬となるだろうか。ディープインパクトは例年スタートが遅く、終盤に逆転するというパターンが続いたが、今年は出だしがよく、まだこれからさらに大物がデビューするようなのでやはり優位は動かないだろう。ヨハネスブルグ以外の新種牡馬では、やはりサンデーサイレンス系が多く、中でも最後のGⅠ馬マツリダゴッホが好調で早くもベスト10に入っている。その他では、スウィフトカレントが特別勝ち馬を出すなど、第二のゴールドヘイローの出現もあるかもしれない。SS系以外で期待されているコマンズ、コンデュイット、パイロなどは苦戦している。内国産で比較的産駒の多いカンパニーや、スクリーンヒーロー、ディープスカイなどもまだまだ真価を発揮とは言えない状態である。これから本格化していく2歳戦線だが、ディープインパクト中心は変わらないだろう。
 さて、秋のGⅠスプリンターズSである。ここは、一叩きしたロードカナロアが負けられないところだ。相手は、力をつけたハクサンムーン、堅実なドリームバレンチノ、新規参入のグランプリボスに絞りたい。3連単1着カナロア固定で、2,3着に上記の3頭とします。最後に久し振りにWiN5予想も。1R目1,2,9,13,14。2R目5,7,8,16。3R目1,7,8,10,15。4R目1,10,14。5R目10。計300点です。