スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落とし穴 

 宝塚記念は、アーネストリーの完勝だった。宝塚記念の勝ち馬は、GⅠに届かなかった馬が悲願を果たすというケースが多く、それにふさわしい馬が勝ったということだ。私は、ブエナビスタとルーラーシップの2頭軸でいったが、ルーラーシップが垂れてしまった。金鯱賞が過大評価されたのが原因だが、何となくそれは感じていたのだが、素直さも必要かなと、思ったのだ。金鯱賞は、確かに強かったが、出遅れると、騎手も開き直って、凄い脚を使うという例はある。ペルーサなども、出遅れた方が最後の脚は凄かった。アパパネの安田記念も前走の過大評価でよく似たケースで、この辺が競馬の難しいところであり、落とし穴でもあるのだ。直前に大阪スポニチの穴記者がルーラーシップに本命を打ったのを知って、これは無いぞと思ったが、ええい、そのままといってしまった。穴記者は、スタイルを変えないほうがいい。本命地獄、穴極楽というではないか。それにしてもブエナビスタは、凄い馬だ。東西のグランプリを4回続けて2着などという芸当は並みの馬にはとても出来ないことだ。しかし、運がないなぁ。
 今週は、ラジオNIKKEI賞。遅れてきたディープの大物フレールジャックがここも通過する。迷わず単勝で勝負だ。
                                            大帝夢

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。